リレー・フォー・ライフ くまもと

アクセスカウンタ

zoom RSS リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015くまもとスケジュール

<<   作成日時 : 2015/05/11 22:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年のスケジュールです。

5/16(
10:00 開場・受付開始

12:30 熊本県警察音楽隊演奏
       熊本県警察音楽隊は昭和27年11月発足以来、県民と警察を結ぶ「音のかけ橋」として
          地域安全・交通安全活動、あるいは県や市町村のイベント、幼稚園や小学校、
          福祉施設等でのコンサートなど幅広い演奏活動を行っています。

12:45 開会式

13:00 サバイバーズウォークスタート

13:15 参加チーム紹介

14:15 講話1

          熊本地域医療センター 内科医長  中原和之先生

           ― サイコオンコロジーに学ぶ ―
            がん患者、家族の病気との向き合い方、心の持ち方

             サイコオンコロジー(精神腫瘍学)とは、心身医学、精神医学の一領域で、
             がんと心の関係を研究する学問です。
             昔から「病は気から」、「心身一如」という言葉がありますが、
             近年、医学的にもこれらの言葉が事実であるいうことが分かってきました。
             今回の講演では、当院でがん患者さんやご家族にお伝えしている
             心のケアに役立つ方法について分かりやすくお伝えしたいと思っています。

15:00 ベリーダンス
     ナミ ベリーダンス スタジオ
            CaravanCarnival -Naima-(キャラバンカーニバル -ナイーマ-)

        本来「ソロで魅せる踊り」と言われるベリーダンスを
             “その場にいる人達と喜びや楽しさを共有したい”という想いで、
             2005年から熊本にて、多くの方々と笑顔の輪を広げるため、
             ベリーダンスを広める活動をさせていただいています。
       ◎ベリーダンスとは・・・
        トルコ・エジプトなど中近東で古くから伝わるお腹や腰を使う踊りで、
              母胎賛美・五穀豊穣を祝う踊りとも言われ、結婚・出産・新築や開店など、
              お祝の席でよく踊られていて、世代や国境を越えて各国に広まり
              世界中で愛され続けているダンスです。


15:30 講話2

           独立行政法人地域医療機能推進機構 人吉医療センター
           医療福祉連携室・がん相談支援センター 医療ソーシャルワーカー
           南 秀明 さん

           がん相談支援センターについて

            2人に1人はがんに罹患、3人に1人はがんで亡くなる時代となり、
            納得できる治療や療養先を探し求め彷徨う「がん難民」の存在が問題となっています。
            この現状に対して、国は平成18年がん対策基本法を成立させ、
            それに基づき平成19年がん対策推進基本計画を策定し、
            がん医療の均てん化に向けて全国に「がん診療連携拠点病院」を設置しました。
            これは、全国どこでも質の高いがん医療を提供することを目的とし、
            その指定要件には「がん相談支援センターを設置し、
            がん専門相談員を配置すること」が掲げられています。
            「第2次熊本県がん対策推進計画」においても、「がん相談支援機能の向上」、
            「がん患者及びその家族の療養生活の質の向上」を掲げ、
            がん相談支援センターの重要性にも言及しています。
            しかしながら、その認知度は低いのが現状です。
            がん専門相談員は、がん相談の窓口となり、がん患者や家族等の相談者に
            科学的根拠と、がん専門相談員の実施に基づく信頼できる情報提供を行うことによって、
            その人らしい生活や治療選択ができるように支援するという役割を担っています。
            がん患者やその家族がより適切な医療・療養環境にアクセスできるように、
            各がん診療連携拠点病院とその地域において、更には県全体にて連携しながら、
            医療内容、経済的問題、就労などの相談、クレーム対応、がんサロン活動など
            患者支援の為の様々な活動を行っています。


16:00 青空がんサロン

           サバイバーやケアギバーの交流の時間です。
           色々なお話しをしましょう。
           支え合う仲間との出会い、がんや命と向き合う時間、
           情報交換や考える場として。
           白川公園が1日がんサロンに。

   
         ルミナリエ準備(参加者全員で)
  

16:45 サバイバーズトーク

       サバイバーは日々こんな想いでいます。支える家族の心のうちは?
           医療者として考えることは・・・がんに関わる色々な立場の人にステージで
           それぞれの想いを語ってもらいます。
           みんなで一緒にいのちについて考える時間です。

 
18:00 大津秀司と「尚廉」バンド

           2011年に直腸がんが発覚、摘出・ストマ造設手術。
           現在信愛女学院高校で英語教師として勤務。
           今日一緒に演奏するのはライブハウス「尚廉」のマスターの本田さん(ギター)と
           そこに集まる仲間達です。


18:40 ルミナリエ点灯式

           夕暮れ時にキャンドルを灯すルミナリエバッグにあなたの温かなメッセージをお願いします。
           任意募金のチャリティーとなります。
           ルミナリエテントに準備していますので5/16(土)15:00までにお越しください。


19:00 今村友彦 サックス演奏

           熊本市民病院小児科医師。中学の時サキソフォンと出会い現在仕事の合間に活動中。
           世界共通語である音楽を通して皆さまと同じ「とき」を過ごしながら、
           心と心を繋ぐお手伝いになれば嬉しいです。


19:40 エンプティーテーブル

           この会場に来ることができなかった愛する人の席を用意しました。
           キャンドルに照らされながら共に想い讃え彼らとの思い出を刻む時間です。
           世界中のリレー・フォー・ライフの会場で同じ詩が朗読されています。

 
20:00 ステージ終了

    グリーフシェアワークショップ 
     〜死別の心の痛みを共に見つめる時間〜

       ◎20:00〜20:05グリーフケアとは 
       ◎20:05〜20:15お手紙※朗読タイム(※お許しのあった分です) 
       ◎20:15〜21:00シェアタイム(あなたのものがたり分かち合い)

        大切な人を見送った時の悲しみとの対話をお手伝いする時間です。
        かけがえのない存在を失ったあなたの苦しみが
        少しだけ軽くなるきっかけとなるかもしれません。
         「気が付くとぼんやりしている」「自然と涙があふれてくる」「何も感じることができない」
         「さびしくて孤独」「食事の味がよくわからない」「眠れない、疲れやすい、食べられない」
         「何もやる気になれない」・・・等々。
        そんなあなたのありのままの姿を同じ体験をされた方と共にお話ししてみませんか。
        グリーフケアサロン‘縁カフェ’のメンバーが対話のお手伝い役です。
        交流テントに24時間ポストがあります。
        旅立った大切な人へのお手紙を書いてみませんか。
        夜の参加が無理でもお手紙にあなたの気持ちをそっとつづってください。


ナイトウォーク続行



5/17(
8:30 ステージ再開

8:30 おはよう体操 大村詠一さん  ストレッチとトーク

          熊本県菊池郡大津町出身・競技エアロビック2013年日本代表(男子シングル、トリオ)
          認定NPO法人日本IDDMネットワーク専務理事。エアロビッククラブTeam OHMURA所属。
          8歳のとき1型糖尿病を発症し、競技エアロビックの選手を続けながら講演活動や
          患者・家族の支援活動に力を入れている。

9:20 SKK20Act ステージ

          SKK20Actは熊本大学の子宮頸がん検診の受診を促す方法を考えるという
          研究プロジェクトの一環として、始まったアクションです。
          研究プロジェクトには他にもラジオドラマや脱出ゲームという方法で
          子宮頸がんやその検診についてメッセージを伝えていくものもありますが、
          今回ステージに立つのは、全体を代表して、アイドルユニットの活動を展開している
          メンバーです。「子宮頸がん検診二十歳から」を略して、SKK20です。
          今回披露する2曲の歌には、私たちの「女子たちを元気にしたい」という思いがこもっています。


11:00 講話3

           熊本第一病院 副院長 血液・腫瘍内科  松野文彦 先生
        
            血液疾患ア・ラ・カ・ル・ト

             血液疾患は、白血病や悪性リンパ腫に代表される「がん(造血器悪性腫瘍)」と
             再生不良性貧血、特発性血小板減少症に代表される「非がん(良性疾患)」に
             分けられます。しかし、日常生活の中で、発汗や飲み過ぎ、食べ過ぎなどの不摂生、
             風邪でも体内の血液状態は変化します。
             難しい話ではなく、生活の中に潜んでいる血液のお話をしたいと思います。


12:45 ラストウォーク  
13:00 閉会式(表彰など)  
13:30 みんなで後片付け
 
  
この他にも色んな楽しい企画が盛りだくさん! 
  
さぁ〜みんな誘って白川公園に来てはいよ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リレー・フォー・ライフ・ジャパン2015くまもとスケジュール リレー・フォー・ライフ くまもと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる